​D.futaba×uminekoコラボ

唐辛子味噌アレンジレシピ

焼き唐辛子味噌おにぎり

材料

ごはん   

刻みネギ  

白ごま   

唐辛子みそ 

ごま油   

醤油    

海苔    

100g

大さじ1杯

小さじ1杯

小さじ1.5杯

少々

少々

少々

唐辛子卵焼き

材料

卵 

砂糖

だし

唐辛子みそ

チーズ

2個

小さじ1杯

小さじ1杯

1杯(お好みで)

一つまみ

クイズ


Q1.女川町の鳥は次のうちどれでしょう?
1.ウミネコ
2.カモメ
3.オナガ

Q2.唐辛子味噌にも使われている「うみねこ」の商品は次のうちどれでしょう?

1.潮風だいず
2.潮風こうじ
3.潮風とうがらし

※答えはこのページの一番最後にあります。

 

 女川町との交流は、2011年に校内でTシャツ回収を行ったことからスタートしました。その後、八木さんに年に一回お話を伺い、震災について知る機会から、回数を重ねるにつれて、女川との交流の場に変化しました。今まで行ってきた活動を以下にまとめます。

コミュニティスペースうみねこ と 田園調布雙葉中高 の関わり

​2011年~

■3月11 日 震災発生

 

■Tシャツ回収と布草履

 これは、女川町と本校との交流のきっかけとなった活動です。布草履は、1枚のTシャツを切り、紐にして編んで作ります。仮設住宅で暮らしている方々の、やりがい・生きがい作りや交流の場として布草履作りは行われていました。本校では布草履に使用するTシャツを回収しました。

​2013年~

■女川町の方々との交流

 八木さんや女川のおばあちゃん達が来校し、震災・被災地のことを話してくださいました。

■母の日と父の日カード製作

 母の日と父の日に合わせて女川のお母さん・お父さんに手作りのメッセージカードをお送りしています。それを「Peace be with you プロジェクト」がカーネーションと共に八木さんにお渡しし、うみねこの方々が一 軒一軒、手渡しでお届けしてくださいます。

■クリスマスリースとカードの製作

 クリスマスに女川の皆さんにお送りしました。

2016年~

■「さんまなたい焼き」の販売

 本校の文化祭にうみねこのキッチンカーをお呼びし、

女川特産のさんまを型取ったたい焼き「さんまなたい焼き」を販売しています。

販売の時に飾ったのぼり旗は生徒の手作りです。

 

■「ゆめ玉」の販売

 「ゆめ玉」は昭和30年代まで女川町で漁の際に浮き玉として使われていたガラス玉をストラップの形で再現したものです。漁師のおじいちゃんたちが震災で漁ができなくなり、そんなおじいちゃん達の生きがい作りとして始められたもので、おじいちゃん達が手作りしたものを文化祭で販売しています。

2017年~

■商品共同開発

うみねこで新しく販売する商品に、本校生徒のアイデアを取り入れていただき、コラボ商品を製作しました。このプロジェクトでは商品だけではなく販売促進案なども考えました。そこからマグカップなどが商品化され、「唐辛子味噌」もこの活動から誕生しました。

秋刀魚なたい焼きのぼり田雙.jpg
田雙.jpg

~現在

新型コロナウイルスの影響で、直接会うことができない期間が続いていますが、母の日・父の日カードやビデオレターを送ったり、おばあちゃん達の活動に必要な材料を集めるお手伝いをさせて頂くなど、現在も女川との繋がりは続いています。

クイズの答え

Q1.女川町の鳥は次のうちどれでしょう?

A.ウミネコカモメと見た目がよく似ているウミネコですが、実は目の色やクチバシの色が少し違います。ウミネコは夏から秋にかけて、餌の魚を追って移動するため、漁師さんたちには「漁場を教えてくれる鳥」として重宝されてきたそうです。

Q2.唐辛子味噌にも使われている「うみねこ」の商品は次のうちどれでしょう?

A.潮風とうがらし
潮風とうがらしは、震災の影響で漁業が出来なくなってしまった元漁師の方々が、女川町で一つ一つ手作業で栽培しています。唐辛子味噌のピリッとした辛味で、一度食べればやみつきになること間違いなしです。